ワードプレスの無料おすすめテーマは?CocoonをStingerと徹底比較!

スポンサーリンク

 

初心者におすすめの無料テーマって何だろう?

 

皆さんコンニチハ。リトマです。

 

先日、話題の超ハイクオリティ無料テーマ「Cocoon」を使ってみました。

 

感想なんですけど、もう

 

「これ無料かよえええぇぇeeeeーーーー!!!」って。

 

すいません、荒ぶりました。

 

ですがそれぐらいの衝撃だったこちらの新鋭星「Cocoon」。

いや、といいますのも私、ブログを始めてここ4か月ぐらいのモノなんですが、これまでずっと「Stinger8」を使っていたんですね。

 

今回はこちらの「Cocoon」のすごさに触れつつも、今まで使ってきた「Stinger8」の良いとこも紹介しつつ、比較していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

Cocoonの特徴

 

まずCocoon(コクーン)とは、かの有名な無料テーマSimplicityの作者である「寝ログ」の管理人「わいひら」さんが、無料で提供しているテーマです。(寝ログはこちら

 

もうSimplicityが出た時から壮絶な人気を誇っていたのですが、今回Simplicityの公開から4年が経ったということで、現代風にSEO対策やらなんやらを一新したのが「Cocoon」になります。

 

この新鋭星Cocoonの一番の魅力はずばりコレ。

 

「カスタマイズの選択肢の多さ」

 

この1点に尽きます。

 

一般に、無料テーマというのはカスタマイズの選択肢が少ないです。それ故「無料テーマ」なのであって、大体はそれを有料版にアップグレードすることで「多くのカスタマイズ」が可能になったりします。

 

しかしこのCocoon、バカみたいな量のカスタマイズが標準搭載されています。ほんとに、1万ぐらいの有料テーマと同じぐらい搭載されてる。

 

主なカスタマイズでは、

  • 広告の位置や数を自由に変えれる。
  • 流行りの吹き出し機能を装備。

等が目玉として取り上げられますが、そんなもんだけじゃありません。

 

例えば記事一覧を「タイル表示にするかカード型表示にするか」とか、一からプログラムしたら3時間以上かかるよう内容も、ワンクリックで変更できます(タイル表示とか初めて聞くワード…って方はそんなもんかぁ、ぐらいに思っててください!)。

 

Cocoon設定って書いてある下の「付箋」みたいなのがカスタマイズできる項目一覧です。(めちゃめちゃ多い…。)

 

 

自分はこのブログをStinger8で回していて、別のもう1つのサイトでCocoonを利用しているのですが、「やっぱCocoonやべえ」っていうのが正直な感想です。

 

先ほど、無料テーマは自分でカスタマイズすること(テーマに付属してないから、自分でプログラミングしていくこと)が多いって言ったんですが、Stinger8をはじめのオトモとしてマサラタウンを出発した私は、その通り莫大な時間をサイトのデザインや機能変更(プログラミング)に費やしました。

 

そもそも、私は「プログラミングの知識もつけたい!」ってのが、Stinger8を選んだ決め手となったんですが、やってみてわかったのは、正直「プログラミングってきりがない」んですよね…。

 

一日にプログラミングをするのに5時間ぐらいかけて、記事を一つも更新できないってのもざらにありました。それが「Cocoon」だったらワンクリックでできる!!

 

それはそれは目から鱗でしたネ…、まあStingerだったことでPHPやCSSの理解がかなり深まったのはとてもよかったですが。

 

「稼ごう」とか「記事を書こう」って人からすると、この「Cocoon」の方が断然オススメだということです。

 

Cocoonのデメリット

 

じゃあCocoonにデメリットがないのか?というと、そんなことはありません。どれだけ強いポケモンにも弱点があります。

 

それは、細かすぎるカスタマイズは逆にしにくい

 

ってことです。

 

え、さっきカスタマイズしやすいって言ってたじゃん、どういうこと?とお思いになるかもしれませんが、実はカスタマイズが元々できるようになっているってことは、すなわち「自由度が低くなっている」ということでもあるのです。

 

例えばあなたが「高校に入らずに」数学の勉強をするとき、勉強の方法などを自分で調べないといけないという「労力」の代わりに、「自分のペースで自由に」勉強することができますよね。

 

しかし「高校に入って」数学を勉強をするとなると、良くも悪くも「高校が決めた方針での学習」しかできなくなります。しかも苦手な「体育の授業」や「人間関係の構築」も同時に行わないといけません。

 

このテーマ選択でも同じです。もしあなたが「Cocoonの広告位置デザインを5ミリ左へずらしたい」と思った時、選択肢が「10㎜・20㎜・30㎜」しかなければそれをプログラムするのは難しいです。

 

こういった場合には、元から何も決められていない「Stinger」を使った方が自由に決めることができたりします。

 

色々事前に決められているというのは、ある意味自由が下がったりもするということなんですネ。

 

まとめ

メッセージ スペース 部屋 リラックス ファッション カジュアル 壁 明るい 日差し インテリア 楽しい リゾート 夏 ナチュラル おしゃれ お洒落 パネル ボード ウキウキ 広告 コピースペース 後ろ 名刺 涼しげ 素材 クール かっこいい 背景 ベージュ カッコイイ スタイリッシュ カード 便利 無地 人気 布 淡い 南国 サマー 優しい 陽気 木漏れ日 表面 画像 爽やか トロピカル ビーチ タグ 柔らかい 全面 バックグラウンド 抽象的 背景素材 壁紙 イメージ 真夏 模様 雰囲気 単色 デザイン 一面 ポストカード 生地 テクスチャー シンプル テクスチャ バック アイボリー メッセージカード ラベル 手芸 布素材 ファブリック 裁縫 シック テキスタイル 布地 涼しい アパレル 麻 ポスター 生成り 質感 常夏 素朴 センス ぼんやり 素材感 風合い 表現 うっすら 麻布 オシャレ スタイル ファッショナブル 洋裁 日向 ほのか 使いやすい ライトブラウン スマート 材質 パンフレット カフェ風 麻袋 服飾 バナー 麦わら 背景画像 バックグランド タイトル メッシュ テイスト 背景イメージ ヘッダー ブログ 格好いい スタンダード 無垢 布目 センスがいい バックイメージ 夏素材 布テクスチャ タイトルバック ナチュラルテイスト ナチュラルスタイル テクスチャ素材 効果的 ロールプレイング シンプル素材 シンプルデザイン かすか テクスチャー素材 ファブリックパネル ナチュラル素材 麻素材 ファッション素材 #ベージュ系 麻の おしゃれなデザイン シンプルなデザイン テクスチャ画像 シンプルな素材 おしゃれな雰囲気 背景のみ 背景だけ 全面背景 何もない背景 使い易い

 

ここまでで一通りCocoonについて見てきました。デメリットも一応あげたものの、基本的にはメリットのほうが数百倍多いように思います。

 

特に、

  • サイト運営初心者(ブログも含む)
  • 記事を書くのに集中したい人。
  • 早く稼ぎたいって人。

には、もってこいのテーマだと思います。

 

逆に、

  • プログラミングを勉強したい人。
  • 1から自分で作り上げたい人。

なんかは、Stingerのほうがオススメですね。

 

ひと昔まえは、多くのブログ初心者が「SimplicityかStingerか!?」で悩んでいました。しかしSimplicityがCocoonにグレードアップしたことで、もう大体の無料テーマ人はCocoonに流れたと思います。

 

実際私がブログを始めた時もこの二つで迷って結局Stingerにしたんですが、今から始めるなら間違いなくCocoonにしますネ。

 

結局Stingerをいくらカスタマイズしても、Cocoonぐらい綺麗なレイアウトにするにはめっちゃ時間がかかるので、

 

プログラミングをよっぽどやりたいって方以外は、これからの時代Cocoonを選ぶのがいいのではないかと思います。