交換留学で就活の時期は遅れる? 留年なしで留学と就活を成功させるコツ。

11月 23, 2019 留学・国際系

こんにちは。リトマです。

皆さん、学生生活いかがお過ごしでしょうか。「交換留学したいなぁ、でも4年卒業(留年なし)したいし、就活も心配だなぁ…」なんて人、結構いるんじゃないでしょうか。本日は、そんな夢の交換留学と就活を両方成功させちゃう方法をお教えしちゃいます。意外と、留学が就活の負担にならないこともあるので、ぜひ見ていってくださいネ。

留年なしで交換留学をしたい

まず、4年卒業と交換留学を両方叶えたい場合、留学の時期は「2年夏〜3年夏」「3年夏〜4年夏」のどちらかになると思います。前者の場合は国内選考に間に合うのでいいとして、後者の場合は少し工夫が必要になってきますよね。でも安心してください、就活も両立できちゃいます。

交換留学での就活の時期

交換留学生は、少し複雑な就活をします。下にまとめました。(CFはキャリアフォーラム の略です)

 

留学前(3年夏):夏季インターン(留学が9月からなら8月のみ)

3年9月:シンガポールCF 

3年10月:上海CF

3年10月〜:国内外資・ベンチャー系選考(Web面接可能な会社のみ)

3年11月初旬:ボストンCF (ボスキャリ)

3年12月:東京ウィンターフォーラム

3年3月〜:国内選考(Web面接可能な会社のみ)

4年4月:ロンドンCF

4年6月末:東京サマーフォーラム

4年6月末:マイナビ国際就職フォーラム

4年6月〜:国内夏選考・留学生用選考

—-

4年9月:シンガポールCF

4年10月:上海CF

4年10月〜:国内外資・ベンチャー系選考

4年11月初旬:ボストンCF (大手350社参加)

4年12月:東京ウィンターフォーラム

—-

通年:逆求人フェスティバル

 

少し複雑に見えますが、基本的には「留学生向けのイベント」と「国内のWeb選考」と「帰ってきてからの選考」の3種類です。留学中の動き方としては、各キャリアフォーラムへの準備参加をしつつ、できたら国内の選考にWebで参加といった流れです。それでも決まらなければ、帰ってから残りのキャリアフォーラム (国内もあります)と国内夏選考に応募するといった感じです。

就活フォーラム詳細

CFNキャリアフォーラム (ボストン等)

URL: https://careerforum.net/ja/ 

ボストンの他に、ロンドン・シンガポール・上海・東京などで開催される、キャリアフォーラム 。ボストンは毎年350社ぐらい企業が集まります。2-3日間に内定が決まる、海外就活生愛用のイベント。Webサイトにはバイリンガルのための〜って書いてますが、そこまで厳しくないのでチャレンジすることをお勧めします。

マイナビ国際派就活

URL:https://global.mynavi.jp/conts/event/

こちらは国内のみで夏と冬に2日間ずつ行っています。規模はそこそこ大きく、夏の方は150社ほど(2019)参加してました。留学終わりの選択肢として◎

逆求人フェスティバル

URL:https://www.studenthunting.com/gf/

上の2つほどは大きくありませんが、こちらも魅力的なイベントです。特に中華圏に留学している人は、ボストンCFまで遠いのでこちらを覗いてみるのもいいかもしれません。ベンチャー志向の学生には刺さるかも。

国内選考

一応、国内選考でも応募できるところがあります。それはWeb面接を受け入れてくれているところです。外資系やベンチャー企業をはじめ、今ではかなり多くの企業がSkypeなどで面接をしてくれます。最終面接だけは国内で…って言う場合もありまでが、一度も国内に帰らず内定が出る場合もあるので、気になる企業に絞って応募してみるのはアリだと思います。

4年になっても就活できる?

留学していた人は、良くも悪くも4年の卒業間近まで就活ができます。上にも書いていますが、ボスキャリなどは4年生も参加できます。かくいう自分も4年の時にボスキャリに行き、Big4内定をもらった人です(詳しくは ボスキャリでBig4(PwC, Deloitte, EY, KPMG)内定者が解説!意外と簡単な外資コンサル内定のコツ【2019】)。留学中に就活はちょっと…という方、留学終わりからでも道はあります。

交換留学 × 就活のデメリット

やっぱりデメリットはあります。キャリアフォーラムに来る企業は多いですが、やはりこない企業もいくつかあります。もしあなたが「博◯堂にどうしても入りたい!!」とか特定の願望があって、ボストンCFなどにその会社が全く来てない場合は、諦めざるを得なくなります(ちなみに2019年ボストンには博◯堂は来てましたが)。そういった場合は、5年に卒業を伸ばして次の国内選考でリベンジするといった形になるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。僕も大学を4年で卒業しなければならないという状況で、交換留学と就活を両立させました。皆さんも就活を理由に留学を諦めないでくださいネ。それでは、良い就活ライフを。

By リトマ

大阪の某大学生。ビジネス、IT、言語、音楽に幅広く関心を持つ。