恋愛と別れを繰り返して成長する。(「私の頭の中の消しゴム」を見て)

スポンサーリンク

つらい別れを乗り越えてまた一つ成長する。

 

コンニチハ。リトマです。

先日、「私の頭の中の消しゴム」という映画を見ました。

アルツハイマーの彼女から記憶が消えていく。

切ない「別れ」に涙をこらえるのに必死の二時間になりました。

本日はこの映画に沿って、「恋愛と別れ、成長」についてお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

私の頭の中の消しゴム

「頭の中の消しゴム」の画像検索結果

ネタバレ注意

 

日本で一番、興行収入の多い韓国映画と言われているこの映画。

日本での初めの公開は2005年で、韓国の大人気スター的な俳優が登場します。

内容を少し説明すると、

建設会社の令嬢である主人公スジンと、その会社の工事現場で働く現場監督チョルス。育った環境が全く違う二人ですが、次第に恋に落ちていきます。境遇の差を乗り越えて夫婦となった二人は、しばらく幸せな生活を送りますが、そんな日常に思いもよらない悲劇が降りかかるのです。自分に異変を感じてスジンは病院へ、そして受けた診断は「若年性アルツハイマー」。記憶をどんどん失くしていき、チョルスのことさえも忘れるスジン。そんな彼女を最後まで愛し続けるチョルス。記憶の喪失によって別れを迎える二人の、純愛ラブストーリーです。

もうこの文章を書いているだけで泣きそうなんですが、そんな私の涙はおいといて。

 

皆さんはこのような恋愛をしたことはありますでしょうか?

 

この「別れ」の特殊さを考えると、ほとんどの場合、答えはNOだと思います。

しかし、「純愛」の後に「別れ」を経験したことがある、という方は一定数いるでしょう。

 

恋愛に限らず、「別れ」とは辛いものです。

転校して仲いい子と離れるような小さい別れから、親との死別のような大きな別れまで、程度は違えど「別れ=もう会えなくなる」というのは辛いもの。

今まであっていた、共に時間を過ごしてきた人と、もう言葉を交わすことはなくなる。同じような関係ではいられなくなる。

 

しかし考えてみてください。

 

このSNSやインターネットが発達した世の中、今や「別れ」というものはそうそう訪れるものではありません。

一昔前でしたら、小学生で転校した子と連絡を取る手段なんて、ありませんでした。

しかし、今であれば遠くにいても繋がっていられます。

卒業して離れ離れになった友達、留学先で知り合った友人たち。

一生連絡が取れないかというと、そうではありません。

 

通信技術の発展は、「別れ」を大きく減らしました。

今となっては、「死別」ぐらいしか「別れ」はない。

そう思えるほどに別れはマイナーになりました。

さて、では本当に死別のみが「別れ」なのでしょうか。

今までの関係ではいられなくなる。今までのように接する・喋ることができなくなる。

そんな体験は「死別」でしかできないのか。

 

いえ、そんなことはありません。

私達の日常生活で「別れ」が頻繁に見られるものが一つ有ります。

 

そうです、それが恋愛です。

もちろん、この映画「私の頭の中の消しゴム」のように、恋人が「死別」によって「別れ」になるというケースも稀に有りますが、それは究極系です。

そうでなくても、恋人と別れる(付き合っている状態から他人に戻る)というのは、一種の「別れ」です。

私達が何気なくそう呼んでいる、「え、彼氏と別れたん?」の「別れる」とは、「恋人として今まで接していた人間とバイバイする」という意味での「別れ」というわけです。

 

別れることで今までの「彼女・彼氏の関係」として接することはできない。

例えそれで友人関係戻ったとしても、いままでの「彼・彼女」はどこか遠くの学校へ転校してしまう訳です。

 

別れが生む成長

「別れ」は「成長」を生む。

これは「別れ」を経験したことがある皆さんなら直感的に解ると思います。

どう成長するのかを、言葉で説明するのも難しいのですが、敢えて言葉にするなら「諸行無常を受け入れる」といってところでしょうか。

 

「別れ」は必ず訪れるもの。避けては通れないもの。

子供の頃にあれほどまで悲しかった「転校」は、

「別れ」を繰り返して大人になったあなたからすれば、小さいことに映るかも知れません。

 

人は年を取るにつれて、別れを受け入れれるように思います。

小さい頃の大きかった「別れ」が、今になると小さく映る。

このことがそれを証明しているように思います。

 

「死」に近づくに連れて「諸行無常」を受け入れ、脳が「死」の準備をするのでしょうか。

なんにせよ、「別れ」はこの成長を加速させる。

 

そういった別れを体験できるのが「恋愛」なわけです。

恋愛して別れを経験し、自分を成長させる。

「恋愛すること」にはそういう意味もあるのではないでしょうか。

ご精読ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
思想
スポンサーリンク
/ フォローする /
ハナワトリクス