子供に英単語を覚えさせるのに私がオススメする本。

スポンサーリンク

 

子供に英語教育をする教育ママ必見!

 

皆さんコンニチハ。リトマです。

  • 英単語を子供にどうやって覚えさせたらいいのだろう。
  • 子供が英語を嫌いにならないように継続させたい。

そんな想いを抱いているママさん、結構いらっしゃると思います。

 

本日は、現代の英語社会を生きる筆者が子供の時にさせて欲しかった、とっておきの「英単語勉強法」を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

子供の英語教育

いきなりですが、皆さん小さい頃に英単語を覚えたりしましたか?

 

おそらく、多くの方がNOと答えるでしょう。

 

しかし、近年では小学校から英語教育が義務付けられるということで、小学生・それ未満の時期から英語を習わせるといった家庭も増えています。

 

かく言う私も、実は小学校から英語教室に9年ほど通っていました。

 

今ではコレはもっとノーマルになっていることと思います。

 

そんな昨今で避けて通れない早くからの英語教育。

 

子ども達が初めて「英語」を勉強する上で一番はじめにぶつかるものがあります。

 

なんだと思いますか?

 

答えは簡単、

 

英単語の学習です。

 

ココで言う英単語とは、apple(りんご)とか、tree(木)とか、そういった「モノの名前」だけではありません。

above(〜より上に)とか、below(〜の下に)とunder(〜の下に)の概念違いとか、そういった日本語にするとやや複雑なものも含めた英単語です。

 

残念なことに、多くの日本人(高校生以上)がこれらの感覚を習得できていません。

なぜなら、今の日本の英語教育ではココの初歩の土台の教育がとても弱いからです。

 

ですから、もし子供の頃からしっかりとこれらの英単語の意味を理解できれば、彼らにとってはカナリのアドバンテージになります。

 

ただ、冒頭にも書いたように、「勉強」を子供に続けさせるのは至難です。

 

ですが、「私がもっと子供の頃に出会っていたら良かった」と思うある「本」があれば、そんな子供の「勉強嫌い」も大丈夫。

 

加えて、その「本」は単語を学ぶ上でとても本来的なコトが詰まっています。

 

早く本を紹介してくれ

と声が聞こえてきそうなので、そろそろ紹介しますね。

 

それは、こちらです。じゃじゃーん!

 

 

The New Golden Dictionary」です。

 

こちらは、英語圏の幼児(2〜3才)が、母語である英語の学習をするのに使われていた有名な本で、

 

今では絶版となり中古でしか出回っていませんが、その購入数・知名度はかなりのモノです。

 

私は高校1年生の時に、「こんなものがあるのか。」と感動して、誕生日に買ってもらいました。

 

「海外の幼児が読む本を、高校生が誕生日に買う」というなんとも面白い絵が想像できますが、実際初めて本を見たときはびっくりしました。

 

めちゃめちゃ新しい発見がある!

 

そうなんです。高校生の私にとっても、それはとても新鮮でタメになりました。

 

その頃の私は、小学校から英語をしていたこともあり、正直英語の成績は軍を抜いていました(そのあと大学で井の中の蛙を知るのですが

 

それでも目からウロコが止まりませんでしたので、子供の頃にコレを読んでおけば、そこら辺の高校生さえも凌駕できるかも知れません(基礎的な部分で)

 

気になる内容は、「英単語」と「その単語を表す絵」だけがひたすら載っている図鑑のような本です。

 

名前にもある通り、英単語の辞書といった具合。先程言ったように、英語圏の幼児に向けて書かれたものなので、絵や色使いが綺麗で優しいです。

 

加えて、単語のレベルもとても基礎的かつ重要なものばかりで、の本語で書かれた英単語の本だとわかりにくいような概念も、幼児に分かるように絵で表されています。

 

見るだけで楽しくて好奇心をくすぐられる、絵本を読んでいる感覚で進めていけるような本です。

 

正直私は、もっと小さい頃にこの本をプレゼントしてほしかったなあと思うわけです。

 

そしたらもっと基礎的な部分が感覚的に染み込んでいたかなあ、と。

 

私にもし子供ができて英語を学ばせるのなら、この本をとりあえず渡したいと思います。

 

子供の頃どういった勉強をするのか・できるのかは、99%親にかかっています。

 

情報の少ない子供が自ら「Golden Dictionary」を見つけ出すことは不可能です。

 

こどもが正しい方向の教育を受ける。

 

そのためには、まずはママさんが適切な方法を理解している必要があります。ぜひこの本を一度見てみて、他の本とどう違っているのか見ていただきたいと思います。

 

ちなみに私も高校生の時に探しましたが、書店ではもう売ってなかったので、ネットで中古を探すことになります。

 

しかしこの本に限らず、「絵で英単語を学ぶ」という目的で書かれた本で、「幼児レベルの単語、幼児でもスッと理解できる絵」であれば、購入の価値アリだと思います。

 

ぜひ探してみてくださいネ。

 

終わりに

いかがでしたか?

 

今日は、私の思う最高の「子供用の英単語勉強本」について紹介しました。

 

他にも英語の勉強について色々書いていますので、ぜひ見ていただけたらなと思います。

 

英語を学んでこなかった方でも、どういった方法で学ぶのが理想なのかは理解いただけると思いますので。

 

ご精読ありがとうございました。