講義紹介(関西学院大学/ビジネスデータ分析)

スポンサーリンク

https://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school

え、関学ってこんな講義あるの?!

 

コンニチハ。

先日「データサイエンティストを目指す方にオススメの大学ランキング(関西編)」でも少し触れました関学商学部。実はあの記事を書いているときぐらいに、初めて関学の講義について調べたりしたわけですが、なんと

関学商学部ってめちゃめちゃ講義の種類豊富なんですよね。驚きました。

今日はそんな中から、「ビジネスデータ分析」というデータ分析の講義について紹介したいと思います。データサイエンティストになりたい方必見ですね!

それでは早速はじめましょう。

 

講義紹介

名前は「ビジネスデータ分析論」。

使用教材はありません。「参考文献はその都度指示する」と書いてありましたが、友人の話によると未だ教科書的なものを紹介されてはいないようです。

シラバスの授業目的には、

財務指標が収録されたデータベースからデータを抽出し、データ解析環境Rを用いて適切に可視化することによって、グラフィカルにデータ分析を行う。

と書いてあります。

Rを扱うデータ解析の授業はそう多くありませんが、この講義ではメインに据えられていますので、期待できそうだといった印象です。

またこの授業では「財務指標が収録されたデータベースからデータを抽出」することに大きな焦点をおいていました。財務諸表からのデータを、Rで分析していくという方針のようです。顧客の購買情報をもとにデータ分析をするマーケティングサイエンスとは、少し違った分野みたいですね。筆者には未だ未知の分野です。

 

この講義を担当する教授は、非線形回帰などの統計学を専門としている教授なので、学べる内容としては深いものが学べると思います。加えてこの講義はIIIのに種類があり、前期後期両方で開講されていますので、量的にも満足できるものになっていると言えるでしょう。

 

対して、関西学院は難易度がそこまで高くない大学なので、授業の一回一回の内容は小さく収まっているように感じました。「詰め込み放題」のようになってないことも、また学びやすい一因だなあと思います。その点でも評価○

 

また受講環境ですが、シラバスに「各自のパソコンにRをインストールした状態で来て」と書いているので、個人用のパソコンは必須になってくると思います。パソコンは大学生活に必ず必要になってきますので、ぜひ入手してくださいね!

 

終わりに

いかがでしたか?

関西学院大学の商学部からの講義紹介でした。

個人的には、関学の商学部にこのようなデータ解析の授業があったことは驚きでした。

他にも興味深い講義がたくさんありますので、すぐに更新したいと思います。

 

ご精読ありがとうございました。