講義紹介(大阪市立大学/データ分析論)

スポンサーリンク


こんなところにRでのデータ分析の講義が!

 

皆さんコンニチハ。

先日、日本橋(大阪)付近の新しい火鍋屋を開拓してきました。

高校時代に中の良かった友人と久しぶりの再開!ということで火鍋をチョイス。

初めてのお店でしたが非常に良かったです。火鍋食べたことのない方は一度難波に行ってみてください。

いたるところにありますので、火鍋屋。

 

はい、そんなことはさておき。

その友人から入手した新しい講義情報、皆さんにシェアしたいと思います。

その講義名なんと、「データ分析論」です。

それではどうぞ。

 

講義紹介

講義名は「データ分析論」。

この講義なんと大阪市立大学で開講されています。

大阪市立大学(通称市大)といえば、旧3商大といって関西の文系で神戸の次に来る大学です。(また学部紹介したいと思います)

神戸大学の授業にデータ系の講義が無かったため、市大にもないとくくっていたのですが

 

ありました。しかも結構いい感じ。

 

なんといってもこの講義、Rが使われているんです。

Rとは皆さんおなじみ統計分析ソフトで、ほとんどのデータサイエンス系の方はこのソフトを使います。(Pythonメインの方もいるかも)

つまりとっても実践的なデータ分析の授業だということです。

 

担当教授は金融系が専門ということで、少しマーケティング方面ではないということがネックではあります。

しかし、「重回帰分析」に始まり、「GARCHなどの時系列分析」、「カーネル確率密度推計」等、その他色んな分析を習えるようで、内容は結構充実しています。加えてこの教授は「テキストマイニング」も得意であるらしいので、テキストマイニングについての知識も得れるかもしれません。

また、講義毎に復習課題なるものが出されていました。

ここから、講義の復習を生徒がしやすい様に作られている、つまり教授が指導熱心であることが伺えます。(指導熱心な教授の大事さについては「大学選択論。」を参照してください)

熱心な教授のRの授業。最高の環境ですね。

 

使用教材はなく、教授がテキストを配ってくれるということです。(熱心!)

一応参考書の指定もあるようですが、そこまでの情報は入手できませんでした。スイマセン。

 

最後に入試に関してですが、大阪市立大学は神戸大学などよりも難易度が低く、とても入りやすくなっています。データサイエンティストを目指す高校生の皆さん、一度検討してみてはどうでしょうか。

 

終わりに。

いかがでしたか?

今回は大阪市立大学の商学部からの授業の紹介でした。

この商学部、筆者は最近注目しているんですが、良質そうな講義がとても多くあります。

また機会があれば学部紹介も書きたいと思います。

 

ご精読ありがとうございました。

コメント