見極めてから掘れ。(「人生の勝算」を読んで)

スポンサーリンク

「人生を懸けてもいいと思える、モチベーションが設計されているから。」

 

皆さんコンニチハ。リトマです。

 

先日、Showroomの前田裕二さんの「人生の勝算」を読みました。

秋元康さんや堀江さんが認めた彼の、壮大な人生や世界観に終始興味津々でした。

 

今日はそんなこの本で印象に残ったことについて、書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

モチベーション論

「人生を懸けてもいいと思える、モチベーションが設計されているから。」

 

これは、「なぜShowroomに対してそこまで死ぬ気で取り組めるのか?」という質問に、前田さんが答えた印象的な一文です。

 

「やる気」は全ての仕事術に勝る、と。

  • 早く給料アップしたい。
  • 同期の女の子に持てたい。
  • 社長に褒められたい。

など、なんでもいいから自分なりのモチベーションを持つこと。

 

そうして成功を重ねていくことができる。

モチベーションはあらゆる仕事術に勝る、そう彼は説いています。

 

Showroomを通じて世の中をもっと楽しいものにしたい、努力が正当に報われる世界を作りたい。

 

彼にはこの”モチベーション”があり、それが彼を突き動かし続けている。

これが彼にとっての、「折れない成功の秘訣」だと言えます。

 

モチベーションを設計する

一つのことに打ち込むのには、モチベーションが大事。

 

では、「自分にとってのモチベーションは何か」を見極めることが大事なのは言うまでもないでしょう。

 

自分にとってのモチベーションは何が適しているのだろうか。

自分はどうゆうことに”嬉しさ”や”達成感”を感じるのだろうか。

 

コレを先ずは見極める必要がある、と彼は言っています。

 

スティーブ・ジョブズの有名なスピーチでも、同じことが説かれていますね。

Keep looking, don’t settle.(止まるな、探し続けろ)」というのは有名なセリフです。(スティーブ・ジョブズのスピーチについては「愛せる仕事とは?」も見てください!)

 

自分の好きなこと、モチベーションになること。

それを見極めてから、進み始めるべきだ。

 

これがタイトルにも書きました、「見極めてから掘れ」という思想です。

 

コレは個人が一つのことに勝ちを積み上げていける秘策だ。

この点でこの話はとても正論だと思います。

 

しかし、彼が成功した秘訣。いや、世界中の”成功者”が成功者たる所以。

 

それにはもう一つの視点が重要だと、私は思います。

 

それは、その「モチベーション」が魅力的かどうか、です。

 

周りの人がそれを魅力的だと感じて、ついていきたいと思うか。

 

そこが「成功者」か「二流」かを分けるポイントだと感じます。

 

もちろん前田さんは本書で「成功者たる所以」を書いているわけではないので、この視点について敢えて触れていないのは当然です。

 

しかし、起業家や「成功者」を目指す皆さんには、ココをよく知っていていてほしいと思います。

  • 「儲けたいから」
  • 「有名になりたいから」
  • 「女の子に持てたいから」
  • 「上司に褒められたい」

など、どれも立派なモチベーションです。

自分が「何かに熱量を注ぐ」ためには、これらのモチベーションは大きなやる気につながるでしょう。一つの会社で誰かの下で働くであれば、このモチベーションで成功を重ねれる。

 

しかし、「起業家」がコレでは、周りはついてきません。

 

だって、魅力的ではないから。

 

こういうモチベーションを持つ人は、はっきり言って「一流の起業家」には向いていないと思います。

 

もちろん、こういったモチベーションで社長になっている人もザラにいます。ですが、「一流」となるとそうは行かないと思うのです。

 

かといって、「世界を変えたい」というモチベーションがまだない方も悲観することはありません。

 

自分の好きな趣味や、自分が”嬉しい”と感じること。

それを突き詰めていくことで、なにかしら「魅力的な」モチベーションに出会えると思います。

重要なのは、モチベーションを探し続けることです。

そして、突き進むこと。

 

みなさんも、自分のモチベーションはなにか、探し続けてほしいと思います。

 

終わりに

いかがでしたか?

 

モチベーションを見極めること。

そして掘りまくること。

 

起業家を目指さない方にとっても、大いに活用できる話だと思います。

ぜひ皆さんも、「自分にとっての」モチベーションを見つけてほしいと願っています。

 

ご精読ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
思想
スポンサーリンク
/ フォローする /
ハナワトリクス