全ての飽き性は長所である(「多動力」から学ぶ人生論)

スポンサーリンク

サルのようにハマり、鳩のように飽きよ。

 

皆さんコンニチハ。リトマです。

先日の「10年後の仕事図鑑」に引き続き、昨日また新しい本を読みました。

 

「多動力」

ホリエモンさんのとても有名な著書で、ちょうど今から1年前ぐらいに発売された本。

 

「天下のホリエモン」の生き方について、「多動力」を軸にして解説されています。

 

サルのようにハマり、鳩のように飽きよ。

この「多動力」について、今回は話していきたいと思います。

 

それでは早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

「多動力」とは。

本書のなかで中心に取り上げられているこの「多動力」。

一体どのようなものなのか。

 

どんな分野でも、80点までは簡単にたどり着けても、100点満点を達成するまでには膨大なコストと時間がかかる。

僕は80点とるとあっさり飽きてしまうことが多い。ある程度ハマれば、大半の知識は得られる。そこから長い年月をかけて100点を取ることに執着せず、次のジャンルへ飛んだほうが、また新たな発見がある。

つまり、とことんハマって80%ぐらいの知見を得て、飽きたら次へ移ってまたしばらくハマる。

 

これをホリエモンは「サルのようにハマり、鳩のように飽きよ。」とも表現しています。

これを彼は「多動力」と呼ぶのです。

 

さらに彼はこう付け加えています。

一度深くまでハマり、あっさりと次へ移る。これからの時代は、そうやって80点とれるものをいくつも持っている人が強い。

来る時代では、色んな分野に知識を持った人が価値を持つ。

 

そういった考えはホリエモンだけではなく、他の色々な起業家達にも多く見られます。あのスティーブ・ジョブズの有名な「点と点をつなぐ」スピーチでも似たような考えがあるように、ビジネスの範囲を超えて、音楽・芸術・スポーツなど色々な分野に言える考えだと思います。

 

飽きること。

つまり飽きることは悪いことではないと。

彼はそう言っています。

 

もちろんその裏に、「熱中した」という事実は必要だと思います。

ハマって飽きてこそ、得られるものが多くあると。

手を出した瞬間やめてしまう。それはもはや「飽き」にカウントされないでしょう。

 

たくさんハマって、たくさん飽きる。

「飽きた数」だけ「成長」があるということです。

 

私は生まれてこの方、生粋の「飽き性」でした。今でもそうです。

何かにどハマリしたかと思えば、半年、一年ぐらいで飽きる。

 

このブログのプロフィールにも書いてありますが、私はそれを今まで短所にカウントしていました。

 

しかしそうでもないらしい。

 

これからの時代、ハマって飽きることはもはや長所だと。(筆者のプロフィールについてはこちら

 

もちろん、より大事なのは「飽きること」より、その前提にある「ハマること」ですが、もはや飽きることさえも肯定されています。いい時代ですね。

筆者としては何か救われた感覚になりました。

 

逆に、何か一つのことに終始していては価値は上がりにくい。

もちろん、さっき言った80%から100%までを極めることによって価値を高める人もいます。

「プロフェッショナル」と呼ばれる人々、「野球選手」「サッカー選手」「画家」「音楽家」など。

 

その分野一筋でがんばっている人だって一定数います。

 

しかし、「多動力」によって色々な分野を股にかける人は、かれら「プロフェッショナル」に負けず劣らない「価値」を発揮するのだとゆうわけです。(もちろん「プロフェッショナル」な分野がたくさんある人は更に強いですが。)

80%から100%よりも、80×10個をこなす方が楽しんで「価値」を作れるでしょうと。

 

本書で紹介されている様に、本田圭佑選手などは「サッカー選手」と「起業家」の二足のわらじを履くいい例ですが、

 

そこまでいかなくても、「学校で一番フルートが得意」と「サッカー部で一番うまい」と「書道で5段」などをかけ合わせたとすると、

  • 「学校で一番フルートが得意」= 300人中1
  • 「サッカー部で一番うまい」=300人中1位(つまり学校で一番うまい)
  • 「書道で5段」=100人中1位?

が掛け合わさるだけで、300×300×100900000人に一人の人材になるというわけです。

 

この考えを知ってから、なぜか小学校の先生になってみたい気分になりました。小学校の先生は研修時代に、こんなことを教えられたりしているのでしょうか。なにか教育の場面でも知っておきたい考え方な気がします。

 

そんな教育の話はおいといて。

「飽き」は「成長」の証だ。

飽きることが悪いことじゃない。

サルのようにハマり、鳩のように飽きよ。

やはりこれら考えからも、「好きなことを行え」「趣味を極めろ」というホリエモンさんの考えが垣間見えてきます。

 

「ハマる」ためには「好きなこと」である必要がありますもんね。結局。(趣味を極める話については「激動の時代を生きるあなたへ(10年後の仕事図鑑を読んで考えたこと)」を是非見てください!)

 

やりたくないことを我慢して続ける時代は終わった。

好きなことにたくさんハマり倒して、色々なことを学べばいい。

これからの学生を勇気づける話ですね。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

 

「多動力」

誰しも何かに「ハマ」ったり、「飽き」たりした経験はあるでしょう。

皆さんも思い当たることがあったのではないでしょうか。

 

今回話したことは、この本の1割にも満ちません。

本書の中には他にもこれからの時代に大切な生き方・考え方についてたくさん書かれています。

 

ぜひ皆さんも拝見してみてはどうでしょうか。

 

ご精読ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
思想
スポンサーリンク
/ フォローする /
ハナワトリクス